Message


はじめまして
キャンドルクリエーターcocoroです。
お店を持たないキャンドル屋をしています。

私がキャンドルクリエーターになるまでの
思い出をご紹介します。

プレゼントでいただいたり
自分で購入したり
気がつくといつも身近にキャンドルがありましたが
何故か火を灯すことはありませんでした。

ある晩のこと・・・
急にキャンドルを灯したくなり火をつけてみました。
部屋の明かりを消してキャンドルの明かりだけ。

すると気持ちが穏やかになり
心地いいと思える空間のエネルギーを体験しました。

そしてキャンドルの炎のゆらぎを見るなか
はじめて瞑想状態のような
不思議な感覚(トランス)を得たことが
キャンドルへの興味を深めていったように思います。

灯しては残っていくキャンドルのカケラを溜めて
何の知識も持たないまま、ただの直感だけで
初めてリサイクルキャンドルを作りました。
最初は何度も失敗しましたが、作っているうちに
家で灯すのには充分なキャンドルが完成します。

2008.9月エレメンタルアルケミー参加
火を使ったキャンドルマジックを学びました。

そこで私はキャンドルを使って
何かをしたいわけじゃない
キャンドルそのものを作ってみたいんだという
自分の気持ちに気がつきます。

2009.5月ハンドメイドキャンドル講座に参加
何かを作り誕生させるという
クリエーションそのものに私はワクワクが止まらず
やってみたいことが見つかった瞬間でした。

その後、キャンドル作りに必要なたくさんの道具を
少しづつ少しづつ購入していき
自分が灯していくキャンドル作りの準備をしました。

2010.6月の父の日
前年に他界していた父へのプレゼントにと
講座参加後、初めてキャンドルを作りました。

キャンドルを作っていくうちに
クオリティ高いものが完成するようになりました。
自分を表に出していくことが苦手な私でしたが
完成したこのキャンドルを誰かに見てもらいたい・・・

そんな気持ちが生まれて
ある日、当時書いていたブログに
思いきってキャンドルの写真付きで記事を投稿。
すると友人たちがコメントを入れてくれ
私のなかで自分でも予想外なほど
大きな喜びを感じていることに気がつきます。

作ってはブログに、作ってはブログにを
何度か繰り返していた時、友人たちから
「販売はしていないの?」という
コメントが届きます。

寄せられた一言が
自分のなかの小さな自信に繋がり
キャンドルを仕事という
カタチあるものにしていこうと決意する
大きな原動力となりました。

誰かのために・・・
何かのために・・・
そのエネルギーでやっていきたいという
ブレない自分の中心となる軸が明確に。

すべてが手探り、ゼロからのスタート
お店をもたないキャンドル屋は
こうして誕生しました。

 


HP内に於けるすべての文章及び画像の無断転載は固くご遠慮願います

Copyright(C)2016 カラーケアルームcocoro All rights reserved.